■マニ37(スロ50改 両デッキ車)
※価格を改訂させていただきました(2007.06.26)
P-344 T 台車別・トータルキット


2005年8月発売
\5,250
(本体 \5,000)
A 電暖車 青15号 登場時
(昭和43年〜)
●窓枠車体色 「十和田」「越前」
荷物専用列車など
2005年9月発売
\18,900
(本体 \18,000)
B 14系併結対応車
青15号
昭和49年以降の
一部車輌
●荷物室窓枠アルミサッシ
●ガラベン・床下機器配置・
 デッキ扉下部形態は上と異なる
「阿蘇・くにさき」
「雲仙・西海」


マニ37(スロ50改) 電暖車  公式側

マニ37(スロ50改) 14系併結対応車  公式側
電暖車と較べると荷物室窓枠がアルミサッシとなっているのが特徴です。また、ベンチレーター配置やデッキ扉下部
形態も電暖車とは作り分けています。


マニ37(スロ50改) 14系併結対応車  非公式側
 
後位側妻面

マニ37(スロ50改) 14系併結対応車  公式側床下
このマニ37は10系客車用と同型の蓄電池箱を増設し(写真の左側)、
車軸発電機も2基に増設されています。


製品の特徴
■昭和42〜43年に登場したパレット積載用荷物車マニ37のうち、スロ50改造車の両デッキ化された車輌を
 製品化。より厳密にはウィンドシル幅がやや広い(オハ61などと同じ)スロ50 6・7・8・10などからの改造車
 (マニ37 203・204・2008・2010)としています。 
■パレット積載用として床面を低くしたため、一般用の荷物車よりも荷物扉位置が低い点や、車体長が
 やや短い(オハ61など鋼体化車と同じ)などの特徴を再現。
■完成品は電暖車と、14系併結対応車のマニ37 203・204を用意。
 (※マニ37 203・204のTR23台車はコロ軸受化されていましたが、製品は平軸受台車で代用となります)
■車体・妻板は真鍮エッチング板、屋根・床下機器がプラパーツの構成。
■Hゴム・アルミサッシは車体と別部品として塗り分け。
※赤字部を改訂させていただきました(2007.06.27)


[別途購入品(キット)]
 GM製 TR23台車
 当社製等級標記他インレタ (窓下の荷物標記)
 形式のインレタは発売予定です


 マニ37形は、昭和42・43年に余剰の優等車などを改造して登場したパレット積載用の荷物車で、スロネ30・スロ50・スロ51・スロ60・スロフ53・スハ32・スハフ32の7形式から計37輌が改造されました。このうちスロ50形を改造した車輌は、昭和42・43年にマニ37 3・4・2005〜2010の8輌が登場し、昭和42年に登場のマニ37 3・4はスロ50形当時と同じく片デッキの形態でしたが、昭和43年に登場のマニ37 2005〜2010は両デッキの形態となり、マニ37 3・4も後に両デッキに改造されています。
 マニ37 3・4・2005〜2010の種車となったスロ50形には、ウィンドシルの幅が狭い車輌(スロ50 1・2・4など、9も細い?:スロ60・オハ60などと同一)と広い車輌(スロ50 6・7・8・10など:オハ61などと同一)が存在したため、マニ37形への改造後もその差異は残り、マニ37 3・4・2008・2010が幅広、マニ37 2005・2006(2009も細い?)が幅の狭いシルとなりました(2007は不明)。なお、スロ50形当時に側窓はアルミサッシ化されていましたが、アルミサッシのままとされたのはマニ37 3・4のみで、その他の6輌は通常の太い窓枠(車体色)に取替えられました。その他、デッキ扉下部の形態やベンチレーター配置に各車で差異が生じています。また、マニ37形に共通する特徴として、パレット積載のため床面が低く、荷物扉位置もマニ36・マニ60形などの一般の荷物車よりも低くなっていることや、車体の塗色が荷物車としては珍しい青15号とされていること、種車の形式にかかわらず全車がTR23台車に統一されていたことなどが挙げられます。
 マニ37 3・4・2005〜2010の登場後は、主に急行列車で使用され、昭和50年には、マニ37 3・4を急行「阿蘇」「雲仙・西海」に投入される14系客車と併結するためにブレーキ装置の改造が行なわれ、マニ37 203・204となりました。以後もマニ37 2005〜2010は急行「十和田」「越前」などに、マニ37 203・204は「阿蘇・くにさき」「雲仙・西海」などに使用されましたが、昭和57〜61年に廃車となりました。




■マロネ39
※価格を改訂させていただきました。(2008.01.23)
P-415 T 台車別・トータルキット


2005年8月発売
\4,830
(本体 \4,600)
A マロネ37400
ぶどう色1号青4号帯
マロネ37400
登場時(昭和8年〜)
●デッキ扉木製低窓
●電池箱大型
「富士」
急行など
2005年9月発売
\17,325
(本体 \16,500)
B ぶどう色1号青1号帯 マロネ39登場時
(標記は27年以降)
●車内に区分寝室仕切付
●前位デッキ扉閉塞
●後位デッキ扉木製大窓
●等級表示灯付
●前位妻面貫通扉付
●電池箱小型
「銀河」「霧島」
「西海」「北陸」など
C ぶどう色2号青1号帯 昭和34年頃以降 団臨など
D ぶどう色2号淡緑帯 昭和36年頃以降



マロネ37400 ぶどう色1号青4号帯  公式側

マロネ39 ぶどう色1号青1号帯  公式側
デッキ扉は大窓の木製扉で、上に等級表示灯が付く形態は当時の新製車のマロネ41やスロ60と同様です。
また、マロネ39に改造された際に区分寝室式となったため、室内の仕切が目立ちます。
なお、マロネ39はマロネ37400とは向きが反転しています。


マロネ39 ぶどう色1号青1号帯  非公式側
写真右側のデッキが埋められて洗面所が設けられたため、この部分はこの形式独特の形態となっています。

マロネ39 ぶどう色2号青1号帯  公式側

マロネ39 ぶどう色2号淡緑帯  公式側



 マロネ39 区分寝室仕切
 マロネ39各種には車内に仕切が備わります


製品の特徴
■昭和25年にマハ47を区分寝室式に改造して登場したマロネ39と、その原形のマロネ37400(リベット付)を製品化。 
■マロネ39は、片側のデッキを閉塞して洗面所を設置した形態や、車内の区分寝室仕切などの特徴を再現。
■側板・車内仕切は真鍮エッチング板、妻板・屋根・床板がプラパーツ。
■キットにはマロネ39用デッキ部品の他、原形木製扉・マロネ29 101用木製高窓扉が付属。
 また、マロネ29 101製作用の窓塞ぎ板・洗面所窓枠が付属します。


[別途購入品(キット)]
 KATO製 片側絶縁車輪
 当社製 プラ床板用TR73台車
      優等寝台/食堂車用インレタ(丸屋根) (マロネ39用 1輌分入)
      富士・丸屋根客車用インレタ(マロネ37400用 1.5輌分入)
      等級標記他インレタ (窓下の寝台・等級標記 白)
      燕客車用インレタ (窓下の寝台標記 黒(ぶどう色2号製作時))
      10系客車用寝台 取付可


 マロネ39形は、マロネ37400形として登場し、戦時中に3等座席車マハ47形に改造された車輌の一部を寝台車に再改造した形式です。
その原形のマロネ37400形は、昭和10〜16年までに46輌が製造された2等寝台車です。基本的にマロネ37350形(のちのマロネ2921〜)の二重屋根を丸屋根に変更した車輌で、700o幅の窓を2つ1組で並べた形態や、戦前の二等寝台車として標準的なツーリスト形と呼ばれるロングシート状の寝台を28人分備える点などに変化はなく、初期製造の車輌はウィンドシル・ヘッダーなどにリベットの付く形態でしたが、昭和14年以降製造の車輌は全溶接構造となってリベットがなくなっています。マロネ37400形の登場後は、特急「富士」「櫻」のほか全国の急行列車などで使用され、昭和16年11月にマロネ37 93〜138となりましたが、リベット付の初期製造車の大部分と、リベットなしの後期車の一部は戦時改造で座席車のマハ47形となり、また、戦災で計7輌が廃車となっています。
 昭和25年には、マハ47形として残存した9輌のうち3輌を2等寝台車に改造し、マロネ39形が登場しました。これは翌年に製造される新製2等寝台車(スロネ30形)の試作車として1輌を新製予定だったものを改造車3輌に変更したもので、当時は日本人の乗れる2等寝台車が皆無だったため、定員を多く確保するために片側のデッキをなくして区分寝室式に改造することとなり、4人用の区分室を8室備えて定員32名となりました。
 マロネ39形は昭和25年5月から急行「銀河」で、戦後初の日本人向け2等寝台車として使用を開始され、スロネ30形の登場後は急行「霧島」「西海」「北陸」などで使用されましたが、昭和30年代前半には定期運用がなくなって主に団臨用となり、昭和39・40年に廃車されました。
 一方、マロネ39形に改造されずにマハ47形のまま残った6輌のうち5輌は、昭和28年6月にマハ29 101〜105(リベット付:マハ29101〜104)となり、昭和34年にマハ29 105が台枠を使用してオシ17 2051に改造されたほかは、以後も普通列車で使用され、昭和37・39年に廃車となりました。残りの1輌は、昭和25年に部隊輸送用寝台車マハネ37 13に改造され、昭和28年6月にマハネ29 101となり、昭和31年に座席車に再改造されてマハ29 106となりましたが、昭和34年にはオシ17 2055に改造されました。
 また、戦時中にマハ47形に改造されずに2等寝台車のままで残っていた30輌は戦後、進駐軍に接収され、返還後、昭和28年6月にマロネ29 101〜130(リベット付:マロネ29 101・102)となり、2等寝台車の主力として幹線の急行列車を中心に使用されましたが、昭和37〜42年に廃車となりました(マロネ29 101・102は昭和38・40年廃車)。

 製品は、マロネ39 1(木製高窓扉付)、マロネ39 2・3(木製大窓扉付:マロネ41・スロ60用と同形の扉)のいずれにも製作でき、原形のマロネ37400(リベット付)や、その座席車化改造車のマハ29 101〜104・106としても製作できます(マロネ37400は別売の大型電池箱が必要)。また、マロネ29 101用の洗面所窓塞ぎ板・窓枠・木製高窓扉も付属しています(マロネ29 101は、戦後洗面所窓が1ヶ所埋められ、埋められた窓の隣の旧600o幅窓が700o幅に広げられました。マロネ29 102はこの形態となったかは不明ですが、マロネ29 100番代の大半がこの形態に改造されたと思われます)。



■スハネ30100(※リニューアル製品)
※価格を改訂させていただきました(2008.12.12)
P-445 T 台車別・トータルキット


2005年8月発売
\4,830
(本体 \4,600)
A スハネ30100
ぶどう色1号赤帯
スハネ30100
登場時(昭和7年〜)
●電池箱大型 「富士」「櫻」
急行・普通列車
2005年9月発売
\16,275
(本体 \15,500)
B オハ34 13〜
ぶどう色1号
昭和16・17年以降
(標記は27年以降)
●便所・洗面所減少
●電池箱小型
「富士」(電池箱大型)
普通列車 など
C オハ34 13〜
ぶどう色2号
昭和34年頃以降 普通列車 など
※スハネ30100は、昭和 16・17年に全車オハ34 13〜となり、昭和34〜37年には寝台車に復旧してスハネ30となりましたが、
 この際に形態は大きく変化しています。


スハネ30100 ぶどう色1号赤帯

オハ34 13〜 ぶどう色1号 公式側


オハ34 13〜 ぶどう色1号 非公式側
寝台車として登場したため、座席車への改造後も床下の水タンクは寝台車時代の通路側に寄せられたままと
なっています。

オハ34 13〜 ぶどう色2号 公式側


製品の特徴
■昭和7〜12年に登場したスハネ30100と、それの座席車化改造車のオハ34 13〜を製品化。
※本製品は基本的に『P-16B スハネ30100』のPEシリーズ化リニューアル(完全新規)ですが、リベット付
 (車体裾2列)とするなどの変更を行っています。 
■側板は真鍮エッチング板、妻板・屋根・床板がプラパーツ。
■キットには原形木製扉のほか、木製高窓扉が付属。
 (ただし、実車に木製高窓扉付の車輌が存在したかは不明です)。


[別途購入品(キット)]
 GM製 TR23台車
 当社製 富士・丸屋根客車用インレタ (スハネ30100用 1.5輌分入)
      優等車他インレタ (オハ34 13〜用 1輌分入
      等級標記他インレタ (窓下の寝台・等級標記)
      10系客車用寝台 取付可


 スハネ30100形は、昭和6年に初の3等寝台車として、また鋼製客車初の丸屋根形として登場したスハネ30000形に続いて、昭和7〜12年に110輌が登場しました。スハネ30100形は、スハネ30000形と各部の寸法が若干変更されたことや、寝室の設備が改良されたために別形式とされましたが、形態的には、スハネ30000形が多くの二重屋根車と同じくリベットの多い車体だったのに対し、スハネ30100形のリベットはウィンドシル・ヘッダーと車体外周部のみに減少した点が目立ちます。
 登場後は特急「富士」「櫻」をはじめ、各地の急行・普通列車で使用され、昭和16年11月にはスハネ31形に形式変更されましたが、昭和16年7月に3等寝台車としての使用が停止されており、同年から翌17年にかけて、スハネ30000・30100形の全車が3等座席車に改造され、オハ34 13〜132となりました。この改造は、片側の便所を撤去、洗面所も撤去・移設し、寝台も撤去してボックスシートを窓配置に合わせて備えるなど大掛かりなもので、シートピッチはスハ32・オハ35形などより広く、特急「富士」用の3等車オハ34 1〜12に近い設備となりました。
 オハ34 13〜132は改造後、各地の普通列車などで使用されていましたが、昭和34〜37年に元スハネ30000形の1輌を残して全車が寝台車に再改造されてスハネ30形となりました(設備は当時最新の10系寝台車並とされたため、形態・設備とも大幅に変化しています)。このスハネ30形は急行、普通列車から臨時特急まで、各地で幅広く使用されましたが、昭和49年頃までに全車廃車となりました。



 客車の製品20  ナロハネ10,オロハネ10,ナロ10,オロフ32,マシ49
 
客車の製品19  オハニ61,オロ35,オロ35近代化改造車,オハ53 1〜 アルミサッシ車,オハ34
 
客車の製品18  スハフ42アルミサッシ車A,マニ60 101〜,オユ10 2016〜,
             オユ12/スユ13,スロ62,マニ36 元オロ40戦後形鋼板屋根
 
客車の製品17  急行「ニセコ」 下り3号・103列車 / 上り1号・104列車 昭和46年 完成品
 
客車の製品16  オハ61,オハフ61,オハユニ61 1〜
 
客車の製品15  スロ53近代化改造車,マシ29 105〜,スハニ31丸屋根
 
客車の製品14  マシ35近代化改造車,スユ42 14,オハ35 ノーシル・ノーヘッダー
 
客車の製品13  マロネフ59,スハシ29 103〜,スハ32丸屋根
 
客車の製品12  特急「あさかぜ」昭和31年12月
 
客車の製品11  マシ35原形・マロネ29 103〜・スハフ32丸屋根
 客車の製品10  スハ44・スハフ43 11〜・スハニ35・ナハフ10 1〜
 客車の製品9  スロ51近代化改造車・ナハ10/ナハ11・ナハフ11             
 
客車の製品8  マロネ41原型窓車・ナハネ10 1〜・オハニ36
 
客車の製品7  急行銀河 昭和35年
 
客車の製品6  マロネロ38リベット付・スロハ32・オハ35戦前標準形・オハフ33戦前形
 
客車の製品5  スロ51原型窓車・スハフ43 1〜・マロネ38・オロ36
 
客車の製品4  スエ78・マロネフ29 101〜・スロ54・マニ32 18〜
 
客車の製品3  EF571号機+急行「津軽」7輛編成・単品各種
 
客車の製品2  マロネ41固定窓車・スユニ50・マロネ40
 
客車の製品1  へいわ・ワサフ8000・スニ41・マイ38・名士列車・オヤ35

 製品紹介に戻る

 客車の製品リスト (PEシリーズ他 セット)
 客車の製品リスト (PEシリーズ [切妻])
 客車の製品リスト (PEシリーズ [丸屋根])
 客車の製品リスト (車体曲済み客車)

 トップページに戻る
inserted by FC2 system