■スユニ61 1〜
※価格を改訂させていただきました(2007.06.27)
P-263 T 台車別・トータルキット 2005年11月発売
\5,250
(本体 \5,000)
A スユニ61 1〜 妻窓あり
ぶどう色2号
●妻面後方監視窓あり
●前位側貫通扉Hゴム窓大
●後位側貫通扉木製高窓
●TR11台車
「利尻」「大雪」(500番代)、
普通列車など
2005年12月発売
\18,900
(本体 \18,000)
B スユニ61 101〜 妻窓なし
ぶどう色2号
●妻面後方監視窓なし
●前位側貫通扉Hゴム窓小
●後位側貫通扉木製低窓
●TR23台車
普通列車など


スユニ61 1〜 妻窓あり 公式側


スユニ61 1〜 妻窓あり 非公式側

スユニ61 101〜 妻窓なし

左:スユニ61 1〜 妻窓あり デッキ側
右:スユニ61 101〜 妻窓なし デッキ側

スユニ61 1〜 妻窓あり 非デッキ側
この側のスユニ61 101〜の貫通扉窓は写真より
小さいHゴム支持窓となります


製品の特徴
■昭和40年〜43年に鋼体化客車オハニ61を改造して登場したスユニ61 1〜を製品化。
■側板・妻板は真鍮エッチング板、屋根・床板がプラパーツの構成。
■キットは妻面後方監視窓のない車輌(元オハニ61 1〜205)、監視窓のある車輌(元オハニ61 206〜461)の
 いずれにも製作可。
■デッキ扉は2種(扉下部リブ付/リブなし)・貫通扉は前位側が2種(Hゴム大/小)、後位側は6種(木製4種/
 鋼製プレス/Hゴム)から選択可。


[別途購入品(キット)]
 GM製 TR11台車 (スユニ61 101〜はTR23)
 当社製荷物車インレタ1(丸屋根新製車,60系) (スユニ61 5用 1輌分入)
      等級標記他インレタ (窓下の荷物)
      郵便車用インレタ1(切妻・10系) (窓下の郵〒便) 


 スユニ61形(オハニ61・オハユニ61改造車)は、昭和40〜43年に鋼体化客車オハニ61形(登場当初はスハニ61形)・スハニ62形から80輌、オハユニ61形から5輌の計85輌が改造された郵便荷物合造車です。このグループは、旧荷物室をそのまま活用し、旧客室を郵便室に改造したため後位側(車掌室側)はオハニ61形当時と変わりませんが、前位側はデッキと側窓の大部分が埋められ、荷物扉を新設するなど大幅に変化しています。車内配置は昭和29〜30年に登場していたスユニ60形と極力揃えていますが、種車の1000o幅窓が残されたため識別は容易です。また、種車となったオハニ61形には後位側妻面の後方監視窓なし(オハニ61 1〜205)と窓あり(オハニ61 206〜461・501〜514・スハニ62 1〜45)が存在しましたが、スユニ61形への改造後もそのままとなっています。
 スユニ61形にはいくつかのグループが存在し、大きく分けると以下のように分類できます。
  ●スユニ61 1〜       オハニ61改造、TR11台車
  ●スユニ61 101〜      オハニ61改造、TR23台車   ただしスユニ61 102・104はTR34台車
  ●スユニ61 2116〜2120   オハユニ61改造、TR23台車  他のタイプとベンチレーター配置が異なる。2116のみ鋼製デッキ扉・荷物扉
  ●スユニ61 501〜505    オハニ61改造、TR11台車、北海道用(形態はスユニ61 1〜と同一)
  ● スユニ61 506〜516    オハニ61改造、TR11台車、北海道用、非公式側押印台窓を廃止
   ※昭和44年にはスロフ53形から改造車(スユニ61 301〜305)が加わっていますが、このグループはオハニ61・オハユニ61改造車とは異なる形態でした。
 スユニ61形の登場後は、各地の普通列車を主体に、急行「利尻」「大雪」や荷物専用列車まで幅広く使用されましたが、昭和53年から登場のスユニ50形へ置換えられるなどして廃車が進行し、昭和60年までに全車廃車となりました。
 改造車としては、昭和47年にスユニ61 506・512・516を全室荷物車化改造したマニ60 711〜713が存在しました。この3輌は、旧荷物扉をそのまま活用し、旧郵便室にHゴム支持窓を追加する程度の簡単な改造にとどめられ、マニ60形としては特異な存在となりましたが、3輌とも昭和56年に廃車・改造されました。また、昭和50年にはスユニ61 43が救援車オエ61 51に改造されましたが、昭和60年に廃車となっています。

 本製品は、オハニ61・オハユニ61改造のスユニ61を模型化、キットは後位側(車掌室側)妻板は後方監視窓の有無を、デッキ扉は扉下部リブの有無を、前位側貫通扉は2種(Hゴム大/小)、後位側貫通扉は6種(木製4種/鋼製プレス/Hゴム大)から選択でき、多様な作り分けが可能です。
 また、北海道用のスユニ61 501〜505としても製作でき、スユニ61 506〜516は非公式側押印台窓(狭窓)を埋めることで製作できます(508〜510は別売の大型電池箱と、水タンクセットに付属の平型水タンクが必要になります)。


編成例
■昭和46年3月  急行 「大雪6号」 517列車 [札幌→網走]
 網走方面→

マニ60
101〜
スユニ61 オハネフ12 スハネ16
オロハネ10
501〜
スロ54
冷改車
スハ45 スハ45 スハ45 スハフ44 スハフ44
発売中 発売中 他社完成品
あり
所定は
オハネ12
発売中
キットはスハ43として発売中
完成品はニセコ増結セットで発売
キットはスハフ42
として発売中
完成品はニセコ
増結セットで発売中
●牽引機 ED76・D51・C58など
●青色部の車輌の塗色は青15号(オロハネ10は淡緑帯または帯なし、スロ54は淡緑帯)
●茶色部の車輌の塗色はぶどう色2号




■オロ40 24〜
※価格を改訂させていただきました(2008.06.14)
P-432 T 台車別・トータルキット 2005年11月発売
\4,830
 (本体 \4,600)
A スロ31143〜
ぶどう色1号青4号帯
登場時(昭和16年) ●電池箱大型 急行など 2005年12月発売
\16,275
(本体 \15,500)
B オロ40 24〜 
ぶどう色1号青1号帯
昭和24年頃以降
(標記は27年以降)
●電池箱小型 「つばめ」「安芸」「霧島」「玄海」
「雲仙」「早鞆」「みちのく」など
C オロ40 24〜 
ぶどう色2号青1号帯
昭和34年頃以降 ●電池箱小型
●電暖付
「羽黒」、普通列車など
D オロ40 24〜 
ぶどう色2号淡緑帯
昭和36年頃以降 普通列車など
E オハ41 2101〜
ぶどう色2号・帯なし
昭和41年頃以降 普通列車



スロ31143〜 ぶどう色1号青4号帯

オロ40 24〜 ぶどう色1号青1号帯

オロ40 24〜 ぶどう色2号青1号帯

オロ40 24〜 ぶどう色2号淡緑帯

オハ41 2101〜 ぶどう色2号・帯なし


製品の特徴
■スロ31120の後期形、スロ31143〜として登場し、戦前形最後の新製2等車となったオロ40 24〜37を製品化。
■側板は真鍮エッチング板、妻板・屋根・床板がプラパーツの構成。
■キットには原形木製扉の他、Hゴム支持窓付扉・便洗所更新窓枠が付属しますので、昭和35年頃に登場した
 近代化改造車としても製作できます。


[別途購入品(キット)]
 GM製 TR23台車
 当社製優等座席車/44系用インレタ (オロ40 25用 1輌分入)
      等級標記他インレタ  (窓下またはデッキ横の等級標記)
      大型ボックスシート 取付可


 オロ40 24〜は、昭和16・17年にスロ31120形の後期車、スロ31143〜として14輌が登場した2等車です。
 昭和13・14年に登場していたスロ30960形(後のオロ36形)は国鉄客車で最大の1300o幅の窓を備えていましたが、これは相当の重さがあったため開閉に不便があり、オロ40形では1200o幅に変更されました。窓幅が変更されてもシートピッチなどの変更はなく、その分吹寄せ(窓柱)が太くなっています。なお、スロ31120形のうち、スロ31120〜31142は張上げ屋根で登場しましたが、スロ31143以降は標準設計に戻っています。スロ31143〜の登場後間もない昭和16年11月にはオロ40 24〜に改番されましたが、オロ40 33〜37は当初から新番号で登場しました。
 登場後は急行などで使用され、戦災でオロ40 29が廃車となり、戦後は9輌が進駐軍に接収されました。接収解除後は急行「安芸」「霧島」「玄海」「雲仙」「早鞆」「みちのく」などの他、特急「つばめ」で使用されることもありましたが、特別二等車が増備されるにつれて見劣りが目立つようになったため、昭和35年頃、オロ40 28・30〜32の4輌に便洗所窓更新、デッキ扉取替え、蛍光灯化、室内化粧板のポリエステル板化などの近代化改造が施工されました。この頃には主に普通列車や団臨用となっていましたが、近代化改造施工済の4輌以外は昭和39年3月に、室内はそのままでオハ55形に格下げとなり、昭和40年9月にはオロ40 30〜32もオハ55形となり、1等車(旧2等車)として残るのはオロ40 28のみになりました。
 昭和41年には、オハ55形のうち7輌が通勤形化改造でロングシート化、洗面所を撤去されてオハ41 2005〜2007・13・2101・2104・2107となりましたが、 このうちオハ41 2005・2006・2007・13は出場後にオハ41 2102・2103・2106・105に改番され、元オロ40 24〜のオハ41形は2101〜2107(105のみ電気暖房なし)に揃えられました。これらは主に東北地方の普通列車で昭和50年代まで使用され、最後まで残ったオハ41 2101は昭和58年に廃車となりました。
 一方、オハ55形のうち、オハ41形に改造されなかった車輌は、昭和40年に1輌がオハネ17形に、昭和41・42年に4輌がマニ36形に改造され、1等車のまま残っていたオロ40 28も昭和42年にマニ36形へ改造されました。


編成例
■昭和29年12月  急行「みちのく」 201列車 [上野→青森(常磐線経由)]
 青森方面→
マニ60
351〜
スロ51
原形
オロ35 スシ28
101〜
スハ43 スハ43 スハ43 スハ43 オロ40
24〜
スハフ42
発売中 スシ47とし

発売中
(リベットな
しはマシ
29 105〜
として発
売)
発売中 発売中 発売中
●牽引機はC62・C61など
●客車の塗色はぶどう色1号(ロザは青1号帯)



製品紹介に戻る

客車の製品リスト (PEシリーズ他 セット)
客車の製品リスト (PEシリーズ [切妻])
客車の製品リスト (PEシリーズ [丸屋根])
客車の製品リスト (車体曲済み客車)

トップページに戻る
inserted by FC2 system