新仕様二重屋根客車(PEWシリーズ)の構成はこちらをご覧ください。


■スロ32(スロ30800)


PW-1051 T 台車別・トータルキット

2009年7月発売
\5,250 (本体 \5,000)
SPW-1051 A スロ30800
ぶどう色1号・青4号帯
登場時(昭和5年〜) ■大型電池箱 「不定期燕」、
急行など
2010年1月発売
\18,900
(本体 \18,000)
(当店のみ販売)
B スロ32
ぶどう色1号・青1号帯
塗色は
昭和24年頃以降
標記は
昭和27年以降
■小型電池箱 準急、普通列車など
C スロ32
ぶどう色2号・青1号帯
昭和34年頃以降 普通列車など
D スロ32
ぶどう色2号・淡緑帯
昭和36年頃以降

製品の特徴
●20メートル級初の二等車で、戦前は急行列車などで使用されたスロ32形を製品化。
■車内の便所・洗面所などの仕切付属。
■側板・明り窓・車内の仕切は真鍮エッチング板製。妻板・屋根・ベンチレーター・床板・床下機器はプラパーツ。

[別途購入品]
GM製  ●TR23台車
当社製
 ●KP-078 W座席車インレタ1
 ●KP-065 等級標記他インレタ
 ■KPP-003 転換クロスシート 取付可能

 スロ32形は、昭和4年5月・12月にスロ30800形として14輌が登場した、初の20メートル級2軸ボギー客車です。この形式では、後に登場するスハ32600形(後のスハ32 1〜)などと同じく、それまでのオハ32000形(後のオハ31形)などよりも窓の天地寸法が拡大され、ウィンドシル幅も広くなり、長形台枠や軸バネ式のTR23台車が採用されましたが、それらもこの形式が最初でした。車内には、長距離用として転換式座席を備えられて、側窓が等間隔で並び、定員は64名となりました。なお、後に登場するスロ30850形(後のオロ35形)は、この形式と同一の窓配置で、丸屋根に変更した形式でした。
 スロ30800形は東海道線などの急行列車で使用され、昭和16年10月の称号改正でスロ32形となりましたが、スロ32 6・12が昭和21・23年に戦災で廃車され、
6輌が連合軍に接収されました。そのうちのスロ32 2・14は、部隊輸送用の簡易寝台車スハネ34形に改造されましたが、その後は二等車には復元されず、昭和31年にオハ61形と同じ座席が取付けられ、定員96名の三等車スハ37形となりました。なお、1輌は当初スハ33 40となっていましたが、改造から4ヶ月後の昭和31年8月には、スハ37形に形式変更されています。
 その他のスロ32形は普通列車などで使用されましたが、昭和37年にはオハネ17形へ4輌、オシ16形に2輌が改造され、昭和38年にもオハネ17形へ4輌が改造されてスロ32形は形式消滅し、スハ37形となった車輌も昭和40・41年に廃車・改造されました。



■スロハ311〜(スロハ31450)


PW-1056 T 台車別・トータルキット


2009年7月発売
\5,250 (本体 \5,000)
SPW-1056 A スロハ31450
ぶどう色1号・青4号帯/赤帯
登場時(昭和5年〜) ■大型電池箱 急行、普通列車など 2010年1月発売
\18,900
(本体 \18,000)
(当店のみ販売)
B スロハ31 1〜
ぶどう色1号・青4号帯
塗色は
昭和15年頃以降
標記は
昭和16年以降
普通列車など
C スロハ31 1〜
ぶどう色1号・青1号帯
塗色は
昭和24年頃以降
標記は
昭和27年以降
■小型電池箱
D スロハ31 1〜
ぶどう色2号・青1号帯
昭和34年頃以降
E スロハ31 1〜
ぶどう色2号・淡緑帯
昭和36年頃以降

製品の特徴
●スハ32(スハ32600)と同じ三等室と、スロ33(スロ31000)に近似の二等室を組み合わせた構造の二等・三等座席合造車スロハ31形のうち、
 二重屋根でリベットの多い、スロハ31 1〜12を製品化。
■車内の便所・洗面所などの仕切付属。
■側板・明り窓・車内の仕切は真鍮エッチング板製。妻板・屋根・ベンチレーター・床板・床下機器はプラパーツ。

[別途購入品]
 GM製  ●TR23台車
 当社製
 ●KP-078 W座席車インレタ1
 ●KP-065 等級標記他インレタ
 ■KPP-005 普通車用ボックスシート / KPP-014 大型ボックスシート 取付可能

 スロハ31 1〜は、昭和5年3月〜7月と昭和7年3月にスロハ31450形として23輌が登場したニ・三等合造車で、ニ等室には固定式腰掛が全室の二等車より狭い間隔で配置され、定員は36名となっています。三等室はスハ32600形(後のスハ32 1〜)と同様の設備で、定員は40名です。昭和4〜6年製のスロハ31450〜31461はリベットの多い車体でしたが、昭和7年製のスロハ31462〜31472は、車体側面と妻面のリベットが減少し、床下機器配置も変更され、丸屋根が採用されたスロハ31500形(後のスロハ31 31〜)に近い形態となっています。
 スロハ31450形は、湘南列車や急行列車などで使用され、昭和16年10月の称号改正でスロハ31 1〜23(リベットの多いグループはスロハ31 1〜12)となりましたが、戦災でスロハ31 4・10・21が昭和21・22年に廃車となり、連合軍に3輌(リベットの多いグループは1輌)が接収されました。
 その後は普通列車などで使用されましたが、昭和37年には9輌(リベットの多いグループは4輌)がオハネ17形に改造され、昭和38年3月には残存する全車が、設備はそのままでスハ50形に格下げされました。スハ50形となった後、昭和38・39・41年に7輌(リベットの多いグループは3輌)がオハネ17形に改造され、他形式に改造されなかった4輌(リベットの多いグループは、スハ50 1・11・12の3輌)も、昭和41・42年に廃車となりました。



■スロハフ301〜(スロハフ31700/オヤ35 1)


PW-1058 T 台車別・トータルキット
2010年4月発売
\5,250 (本体 \5,000)
SPW-1058 A スロハフ31700
ぶどう色1号・青4号帯/赤帯
登場時(昭和5年〜) ■尾灯1ヶ
■大型電池箱
●テールライト点灯
急行,普通列車など 2010年6月発売
\19,950
(本体 \19,000)
(当店のみ販売)
B スロハフ30 1〜
ぶどう色1号・青4号帯
塗色は
昭和15年頃以降
標記は
昭和16年以降
普通列車など
C スロハフ30 1〜
ぶどう色1号・青1号帯
塗色は
昭和24年頃以降
標記は
昭和27年以降
■尾灯4ヶ
■小型電池箱
●テールライト点灯
D スロハフ30 1〜
ぶどう色2号・青1号帯
昭和34年頃以降
E スロハフ30 1〜
ぶどう色2号・淡緑帯
昭和36年頃以降
F オヤ35 1
瀬野〜八本松間用控車
(湘南色)
昭和37年以降 ■尾灯4ヶ
■明り窓閉塞
■幌撤去・貫通路閉塞
■電池箱大、水タンク等撤去

製品の特徴
●スロハ31形の緩急車形として登場したスロハフ30形のうち、二重屋根でリベットの多い、スロハフ30 1〜8を製品化。
 山陽本線瀬野〜八本松間用控車に改造されたオヤ35 1としても製作可能。
■車内の便所・洗面所などの仕切付属。
■側板・明り窓・車内の仕切は真鍮エッチング板製。
 妻板・屋根・ベンチレーター・床板・床下機器はプラパーツ。
■オヤ35 1製作用の明り窓・妻面塞ぎ板も付属。

[別途購入品]
GM製  ●TR23台車
当社製
 ●KP-078 W座席車インレタ1
 ●KP-065 等級標記他インレタ
 ■KPP-005 普通車用ボックスシート / KPP-014 大型ボックスシート 取付可能

 スロハフ30 1〜は、昭和6年7月・8月と昭和7年2月にスロハフ31700形として13輌が登場したニ・三等合造緩急車で、スロハ31450形(後のスロハ31 1〜)の緩急車形です。室内配置は、三等室側の車端に車掌室が設けられたこと以外はスロハ31450形と同一で、ニ等室には固定式腰掛が全室の二等車より狭い間隔で配置されて定員は36名、三等室はスハ32600形(後のスハ32 1〜)と同様の設備で、定員は32名です。昭和6年製のスロハフ31700〜31707はリベットの多い車体でしたが、昭和7年製のスロハフ31708〜31712は、車体側面と妻面のリベットが減少して床下機器配置も変更され、丸屋根が採用されたスロハフ31750形(後のスロハフ30 14〜)に近い形態となっています。
 スロハフ31700形は、当初は急行列車などで使用され、昭和16年10月の称号改正でスロハフ30 1〜8(リベットの多いグループはスロハフ30 9〜13)となりましたが、戦災でスロハフ30 3が廃車されました。その後は普通列車などで使用されましたが、昭和37年4月にスロハフ30 6・13がオヤ35 1・2に改造されました。
このオヤ35形は、急勾配の続く瀬野−八本松間を走行する上り急行電車に補機を連結するため、車掌室側を密着連結器に変えた控車で、塗色は153系電車に合わせた湘南色となり、車内は車掌室のみを残して腰掛・便所・洗面所は全て撤去されて貫通路は塞がれ、車掌室以外の窓にはカーテンが取り付けられました。オヤ35形は昭和37年6月から、上り急行電車に広島〜八本松間で補機のEF61形と共に連結されましたが、その後、急行電車が165系に置き換えられたため補機は不要となり、オヤ35 2は昭和44年10月に、オヤ35 1は昭和46年11月に廃車されました。
 昭和37年7月・9月には、スロハフ30 4・9がオハネ17形に改造され、昭和38年3月には残存する全車が、設備はそのままでスハフ34形に格下げされました。スハフ34形となった後、昭和38・39年にスハフ34 2・5・7・8・10〜12がオハネ17形に改造され、唯一他形式に改造されなかったスハフ34 1も、昭和43年3月に廃車となりました。



製品紹介に戻る
KINGS SHOP ONLY MENUに戻る

客車の製品リスト (PEシリーズ他 セット)
客車の製品リスト (PEシリーズ [切妻])
客車の製品リスト (PEシリーズ [丸屋根])
客車の製品リスト (車体曲済み客車)
客車の製品リスト (PEWシリーズ[新仕様二重屋根客車])

トップページに戻る
inserted by FC2 system